モルディブ紀行 空港での出来事

2016/09/19

カテゴリにJGCとSFCが入ってますが、修行ではありません。
SFC修行をするキッカケの1つであり、PPに加算はされますが、例年の夏のバカンスです。

今回はJGC修行が終わっていたので、空港では昨年までとはちょっと違った過ごし方ができました。

JALはワンワールドでSQはスターアライアンスなので全然関係ないのですが、JGCプレミアムでワンワールドエメラルドというステータスを生かすことが出来ました。

8月にユナイテッド航空にステータスマッチの申請をしました。
1週間程度で90日間のトライアルではありますが、ユナイテッドの「Premier Platinum」と「スターアライアンスGOLD」のステータスを手にしました。

昨年までは成田便を利用していたのですが、乗り継ぎが慌ただしいのと、今年から羽田の日中便が設定されたので羽田便を利用しました。
羽田便だとシンガポールでの乗り継ぎが成田便より行きが2時間、帰りが4時間長くなります。
シンガポールでの乗り継ぎのための移動やお買い物をゆっくりとすることは出来ますが、時間が大幅に余ります(笑)

そこでステータスマッチで手に入れた「スターアライアンスGOLD」のステータスが活躍しました。

まずは、羽田でチェックイン時にマイルをANAに加算してユナイテッドのステータスを利用(ラウンジや優先搭乗)することが可能かを確認したら、OKという回答をもらいました。
ちなみに、この時点でSQの搭乗券にANAのマイレージ会員番号が入るようになりました。

羽田へは駐車場の心配があったので早めに行きました。
なので、出発までに時間があり「スターアライアンスGOLD」会員が利用できるANAのラウンジへ行きました。
搭乗券とユナイテッドの会員証を提示したところ、会員番号を端末に入力してすんなり利用可能となりました。
トライアル期間の会員証は有効期限が書いてないのです。そのために確認をしたのだと思います。
搭乗の際も搭乗券と会員証で優先搭乗ができました。しかも同伴者1名も優先搭乗させて貰っちゃいました。

シンガポールでも、SQのKrisFlyer Gold Loungeの利用が出来ました。
羽田同様、会員番号を端末に入力して確認はしてました。

さて、帰りのマレの空港ではちょっとトラブルが発生しました。
スターアライアンスのHPでラウンジ検索をして利用可能と出てくるラウンジを利用使用とした、マイルの貯め先とスターアライアンスGOLDのマイレージプログラムとが一致しないとダメだと言われ入室を拒否されました。
チェックイン時はビジネスクラスカウンターの利用ができたし、この後の搭乗も優先搭乗が出来たのに、ラウンジの受付にいたあの親父が無知なおかげで・・・
同じようなことをHPで書いている人がいたので一抹の不安はありましたが、それが的中してしまいました。。

そんなことがありましたが、シンガポールでは超長い乗り継ぎ時間をラウンジでノンビリと過ごすことができました。
そして、優先搭乗をして荷物を先に収納できました。

帰国後、スターアライアンス事務所に今回の件を問い合わせしました。
マイルを貯めるマイレージプログラムと利用するステータスが一致する必要はなく、マレのラウンジに周知するとの回答がありました。

ステータスマッチは強力ですが、人の問題でフル活用出来ないことがあることは頭の片隅に置いておいた方が良さそうです。