‘2014/02’ カテゴリーのアーカイブ

2014/02/21

涙の1日だった。

日付が変わる直前に、ソチオリンピック スキーフリースタイル女子ハーフパイプの予選に小野塚彩那が出場した。
予選を通過すればいい。というと言い過ぎかもしれないが、ゆとりのある滑りでながら、圧倒的なジャンプの高さで会場を魅了して予選を通過した。

そして決勝。
小学生のころから知っている彩那がやってくれました。
銅メダル獲得!
2011年10月にハーフパイプに転向した彩那のアメリカ遠征の壮行会が越後湯沢で開かれた。
サポーターズクラブ入会時に書いた応援メッセージをボードにして彩那に手渡す大役を仰せつかった。
渡す際に「オリンピックに出てくださいなんてケチなことは言いません。初代女王を目指して頑張ってください」と言って手渡した。
当時会場にいた人しか知らないことだけど、Webmasterにとっては一番誇りに思える。
あれから2年半の歳月で彩那は大きく羽ばたいた。
初代女王の座こそ射止められなかったけど、正式競技最初のオリンピックでメダリストになってくれた。
自分のこと以上に嬉しくて、深夜にも関わらずTVを観ながら歓声をあげ、そして自然と涙が溢れてきた。

ほとんど寝ないで会社に行き、帰りに1人だけではなく喜びを誰かに伝え分かち合いたいと思い、地元の飲み屋さんに寄った。
先週末もよらせてもらったお店で、お店に入るなり「この前言ってたの銅メダル取った選手でしょ!スゴイね」と言ってくれた。
応援してあげて!と言っていたけど、ちゃんと覚えていてくれて注目していてくれたのが嬉しかった。

飲みながらTVのオリンピック番組を観ていたら、女子フィギュアを放送していた。
浅田真央の演技が凄かったと職場で聞いていたけど、想像以上に素晴らしい演技だった。
ショートプログラムの結果で気持ちが切れることなく、史上初の6種類の3回転ジャンプをすべて成功させ、史上に残る演技だったと思う。
演技終盤から観ていて涙が出てきそうになっていたが、演技終了時の真央ちゃんの涙を見たら、Webmasterも涙が溢れだしてきた。

スポーツって結果だけではなく、選手の生き様が観ているものに感動を与えるのだなぁと感じた。