‘2016/05’ カテゴリーのアーカイブ

修行 その6

2016/05/15

先月に引き続き、JGC修行でアイランドホッピングツアーに行ってきました。

まずは、羽田から伊丹経由で奄美大島へ。
今回からは伊丹のサクララウンジが使えるようになったので、待ち時間が苦にはなりませんでした。

初日のSAABはこれです。
IMGP1198
CAは中村さん。

まずは与論へ。
天気が良かったので空港ビルの屋上から南の方に(多分)沖縄(だと思う)が見えました。
IMGP1201
沖永良部から奄美経由で喜界島着くと・・・

空港職員が「お帰りなさい」と迎えてくれました。
すっかり顔を覚えてもらっちゃいました(^▽^)

喜界島から鹿児島へ途中、雲が少し多くて今回も屋久島を見ることが出来ないかなぁと思いながら窓から下の方を見ていたら、CAの中村さんが反対側の窓の下に「屋久島が見えますよ!」と教えてくれました。
IMGP1206

2日目はちょっと雲がでてたけど、まずまずの天気です。
機体はこれです。
IMGP1215
CAは羽生さんです。「はにゅう」じゃなくて「はぶ」でした。
鹿児島から喜界に行く途中でこんな写真が撮れました。
IMGP1208
喜界から奄美、喜界、奄美と往復して午前中が終了し、ここでクルーが交代です。

午後のCAは吉田さんです。
奄美出発時にちょっとビックリ!
今までのCAさんはSAABのタラップを格納するときに、かなり重そうで身体全体を使って引き上げていたのですが、吉田さんは華奢な体つきに似合わず、「あらよっ」といった感じで軽々とタラップ収納してしまいました。
それにしても、1月から数えて4回目のホッピングツアー&日帰りホッピングと12組のクルーと出会いましたがCAさんは毎回違う方でした。
奄美から沖永良部、与論とまわって奄美に帰ってきました。
1日目と同じようにこのままSAABで喜界経由鹿児島と行きたいところなのですが、4月からのツアーはここでQ400に乗り換えて鹿児島です。
大阪からのツアーはSAABで鹿児島まで行けます。
修行中に言葉を交わすようになった大阪の方とはここで一旦別れて、鹿児島のサクララウンジで再会の約束をしました。

鹿児島へはこれです。
IMGP1219

機内に入って、荷物を棚に上げて席に座ってシートベルトを締めようとしていていたら、スーパーサプライズが待ってました。
名前を呼ばれたので顔を上げたら、見覚えのある笑顔が飛び込んで来ました。
何と、前回のホッピングツアーで2日目の午後の担当だったCAの衣笠さんが目の前にいるじゃないですか!
嬉しくなって機内で衣笠さんはお仕事中なのにもかかわらず、手を取って再会を喜んでしまいました。
ついついMEDののりでハグをしようとしちゃったんですけど、シートベルトのおかげで立ち上がれなくて、今考えると良かったですね(笑)
搭乗者名簿でwebmasterの名前を見つけて、待っていてくれたということでした。
Q400はCAさんが2人で、後方の担当でした。
衣笠さんがいるのが分かっていたら、後方座席を指定したのになぁ(笑)
ちなみに、席は一番前。
あまり乗りたくなかった機体だったけど、乗り換えになって良かったと思えてしまいました。

鹿児島へ向かう途中、昨日よりハッキリと屋久島が見えました。
IMGP1225
屋久島の写真を撮りおわった頃に、衣笠さんが席まで来てくれて、1ヶ月前の思い出話やホッピングの翌週に予定していた那覇からの北上計画の失敗談などちょこっとお話をして、あっという間に鹿児島に到着しました。

鹿児島空港で食事をして、サクララウンジで喜界島経由のSAABを待つことにしました。
ほどなく、大阪からの方が来ましたが、大阪便は出発が早いのであっという間の別れでした。
あと2人の修行僧とラウンジで過ごしてから羽田便に乗り込みました。
帰りの便はクラスJの予約が出来なくて、キャンセル待ちをしましたがそれもダメで、しかも満席でした。
こんなに混む鹿児島ー羽田便は初めてです。鹿児島で何かあったのかなぁ??

今回は天気が良いだけでなく、他の修行者とある程度お話が出来、時間も持てあますことがなかったこと、そして、何と言っても衣笠さんと機上で再会できたことが印象的です。
来年も回数が残れば、ホッピングツアーや日帰りでJAC路線に乗りたくなった2日間でした。